ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト
2010.09.10 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

.* - - *.

赤ちゃんといっしょ 新型インフルエンザ
2009.10.24 Saturday

  「新型インフルエンザに感染すると、妊婦はリスクが高い」って本当でしょうか? 「予防接種はリスクの高い人から」とニュースで聞きましたが、妊娠中に予防接種をして赤ちゃんに影響はないのでしょうか?

新型インフルエンザについては、まだわかっていないことも多いのですが、「妊婦さんが感染すると重症率が高い」と言われているのは確かです。妊婦さんとして気になるのは、新型インフルエンザに感染した場合の赤ちゃんへの影響ですよね。しかし現時点では、「新型インフルエンザにかかった妊婦さん、新型インフルエンザの予防接種を受けた妊婦さんが、出産してどうだったか」という報告は出ていません。ただし、従来からある季節性インフルエンザにかかったり、ワクチンを打った場合(妊娠初期を除く)に、つまり母体が季節性のインフルエンザに感染したことでおなかの赤ちゃんになんらかの異常が出たという報告は、いままでありません。

妊娠中は免疫力が低下するため、“妊婦さんは新型インフルエンザにかかりやすい”といえるでしょう。そして感染すると重症化しやすく、重症化すると呼吸困難などを起こして、場合によっては赤ちゃんを無事に産めない状況におちいる心配があります。ですから、妊婦さんの重症化を防ぐ、母体を守るという意味で、やはり予防接種は有効だと思います。
予防接種以外に自分でできる予防策は、新型も従来からある季節性インフルエンザも同じ。手洗いとうがい、マスクをするのも有効でしょう。

 

 

.* 11:36 - - *.

スポンサーサイト
2010.09.10 Friday
.* 11:36 - - *.

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

スポンサードリンク




お気に入り

リンク